Dari
Loading...
 
Reverse
Ke
tarikh
sejarah carian
Beberapa kandungan di dalam laman ini ditulis dalam bahasa Jepun.
LCC News/Jualan

LCC News
香港当局、新型肺炎21例目の患者が 2月1日の成田発/香港行き 香港エクスプレスUO651便を利用と発表

2020/2/6
香港醫院管理局の発表によると、香港で新型コロナウィルスに感染した21人目の患者が、2月1日の香港エクスプレス航空 東京(成田)発香港行き UO651便に搭乗していたことを明らかにしました。

 新型コロナウィルスの感染が判明したのは、香港籍の56歳男性で、1月21日に深圳に仕事で訪れ、その後、1月28日から2月1日まで東京を訪れていた。

 日本滞在中の1月30日には発熱や咳、のどの痛みの症状があったが、2月1日の成田発香港行き 香港エクスプレスUO651便で香港へ戻ったという。

 2月2日に現地医師の診察を受け、2月5日に新型コロナウィルスに感染し、陽性と判明。香港で21例目の患者となった。現在は、香港 プリンセスマーガレット病院に入院し、容体は安定している。なお、彼の妻も同様の症状が出ているとのことです。

 香港当局は、当該UO651便の利用者らに対してホットラインへの連絡を呼び掛けています。日本国内では、厚生労働省の新型コロナウィルス感染症の電話相談窓口の情報をご参照ください。

[関連リンク] 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について → 電話相談窓口について

香港における 新型肺炎21例目患者の行動


1月21日 深圳を訪れる
1月28日 香港から東京へ移動 ※便名、到着空港不明
1月30日 日本国内で 発熱、咳、のどの痛みの症状
2月1日 東京・成田空港から香港エクスプレスUO651便で香港へ移動
【搭乗便】UO651 成田 20:05発 - 香港00:40(+1)着
2月2日 香港で医師に相談
2月4日 香港 プリンセスマーガレット病院へ入院
2月5日 新型肺炎の陽性と判明

新型肺炎香港21例目患者の行動について現時点で不明なこと

・1月28日の 香港→東京の利用便
・1月28日の 香港→東京の到着空港
・1月28日から2月1日までの期間の日本国内の行動
・彼の妻も同様に日本に入国して行動したのかどうか