Dari
Loading...
 
Reverse
Ke
tarikh
sejarah carian
Beberapa kandungan di dalam laman ini ditulis dalam bahasa Jepun.
LCC News/Jualan

LCC News
成田空港、深夜利便性拡大 JR・京成は終電延長、終バス0時台、店舗営業延長、10月27日から

2019/8/29
成田国際空港は、2019年冬期スケジュール(2019年10月27日~)以降の深夜時間帯の深夜フライト・店舗営業時間の延長、空港アクセス拡充を発表しました。

【公式URL】成田国際空港

 成田国際空港が発表した深夜時間帯の利便性拡大の概要は、(1)深夜フライトの増加、(2)空港内店舗の営業時間延長、(3)空港アクセス(電車/バス)の拡充の3点で、深夜フライトについては具体的な航空会社や路線については明らかにしてません。

 空港内店舗の営業延長については、最終便の出発まで、免税店、物販店、飲食店の営業時間が延長されるほか、到着客に対しては、現状の24時間営業のコンビニに加えて、免税店、手荷物宅配カウンターなどの営業時間延長を行う。

空港アクセスの拡充:鉄道


 京成電鉄は、スカイライナーの現在の成田空港22時30分発よりも遅い、23時20分発の新設を行います。(日暮里23時59分着、京成上野24時04分着) 京成本線は現在の成田空港23時3分発よりも遅い、24時7分発 宗吾参道行きの新設を行います。(宗吾参道24時23分着)

 JRは、総武線快速の現在の成田空港23時0分発よりも遅い、成田線快速千葉行き23時45分発の新設を行います。(千葉24時30分着)

 これらの終電延長により10月27日以降、京成スカイライナー終電利用時には、取手(24時40分着)、守谷(24時46分着)、大宮(24時42分着)、川越市(25時09分着)、新所沢(25時12分着)、高尾(25時37分着)、相模大野(25時19分着)、磯子(25時11分着)に、JR成田線終電利用時には、津田沼(24時51分着)に到着するなど、到達可能な駅が拡大します。
 (接続各線の乗継利用時の現行ダイヤにおける参考時刻)

空港アクセスの拡充:バス


 京成バスは、東京シャトルの現在の成田空港第3ターミナル23時10分発よりも遅い、24時15分発の新設を行います。(東京25時32分着) また、幕張新都心方面行きは現在の成田空港第3ターミナル22時25分よりも遅い、23時55分発の新設を行います。(海浜幕張24時47分着、稲毛海岸25:13着)

 このほか、東京空港交通の成田空港-TCAT・新宿・池袋線が成田空港発24時台発を、ビィー・トランセグループ「THEアクセス成田」も成田空港-東京線の新設をそれぞれ検討中です。

成田空港深夜拡大 空港アクセス・終電終バス成田空港深夜拡大 空港アクセス・終電終バス
成田空港深夜拡大 空港アクセス・最終到達駅成田空港深夜拡大 空港アクセス・最終到達駅
成田空港深夜拡大 最終到達駅マップ成田空港深夜拡大 最終到達駅マップ